光回線をお得に契約するには、キャンペーンをうまく活用することです。
現在、光回線を持つ会社はいくつもあり、提供エリアを広げている会社も多いです。
光回線業者が増え、提供エリアも拡大しつつあることから、顧客獲得競争が激しくなってきています。
以前なら、消費者への訪問営業や電話勧誘が加速していたところですが、現在は消費者がインターネットで検索し、各社のキャンペーン内容を比較検討して選ぶことが多くなっているため、キャンペーンにもかなり力を入れるようになっています。

これは消費者にとって歓迎すべき状況です。
販売促進費を勧誘活動の人件費よりも、キャッシュバックキャンペーンやプレゼントキャンペーンに使う会社が増えているわけですから、その状況をうまく利用したいものです。
キャッシュバックなどのキャンペーンに力を入れる会社が消費者から選ばれるようになれば、ますます消費者にとって利益の多い状況が生まれるでしょう。
契約をする前に、どこに申し込むとお得かということを、インターネットでしっかり調べることが望まれます。

電話回線と異なり、光回線は通信速度や安定度が各社まちまちです。
自分にとって最優先なのはなんであるか、まず考えましょう。
通信速度が最優先であれば、世界最速の光回線を持つ会社は一社ですから、そこに申し込みをするのが最良の選択となるでしょう。
月額料金の安さが最優先なら、キャンペーンサイトなどを活用し、最もお得なところをリアルタイムで探します。
キャンペーン内容は、時期によって大きく変わることが多いので、頻繁にキャンペーンサイトを確認しておきましょう。

申し込みは家電量販店でもできますが、店舗を持つ必要がなく、人件費もかなり省けるキャンペーンサイトなどで、オンライン申し込みをするほうがお得になるケースが多いです。
家電量販店には足を運ぶ必要もあり、その場で他のキャンペーンと比較検討するというのも難しいので、オンライン申し込みがより適していると言えるでしょう。

契約方法は各社まちまちですが、オンラインで最適な契約先を選び出したあとは、電話で申し込むことも可能な場合が多いです。
オンラインでは理解しきれなかった疑問点なども、電話で尋ねると効率的に答えが得られます。
オンライン申し込みが不安な場合でも、契約先を見つける作業はオンラインでおこなうのがおすすめです。
申し込んだあとは工事日を決め、工事が終了した時点で契約成立となります。

光回線を解約する方法もご紹介

オペレーター

光回線を解約する場合は、違約金や工事費残債がないか事前に把握しておくことが大事です。
電話による契約方法となった場合は、解約時の費用について、オペレーターに必ず確認しておきましょう。
ウェブページを読んだだけでは把握し切れないことが多いからです。
隅々まで読んだとしても、難しいこともあります。
違約金や解約方法は、契約先に口頭で尋ねるのが一番です。

光回線をスマホとセットで申し込むと、月額料金がお得になるキャンペーンも数多くおこなわれています。
光回線だけを解約した場合、スマホの料金にどう影響するのかもしっかりと聞いておきたいところです。

おすすめの解約方法は、まずプロバイダーから先に解約することです。
高速インターネットサービスを解約する場合は、光回線とプロバイダーの両方で手続きをしなければなりません。
プロバイダーのほうの手続は忘れやすいので、まずは先におこなっておきましょう。
プロバイダーの解約手続きは、オンラインでもできる場合が多いです。

フレッツ光の場合は、電話でしか解約申し込みができません。
顧客IDを伝え、電話で手続きが済むと、モデム返送用の返却キットが届きます。
モデムはそれを使って送料無料で返送できます。
これで解約手続き終了です。

違約金などの注意事項

時期によっては、違約金を請求されることがあります。
一定期間以上利用することが条件のキャンペーンを利用した場合は、その期間内に解約すると、違約金が生じます。
数年使ってやめる場合でも、指定された月以外だと、解約金がかかるのが一般的です。

工事費ゼロというキャンペーンで申し込んだとしても、工事費が分割払い扱いになっており、月額料金に上乗せされている場合は、その分割払いが終わる前に解約すると、残債として請求されることが多いです。
解約はいつでも可能ではあるものの、違約金や残債なしでやめるには、かなりの注意を払うことが必要となります。

中には、違約金や残債を補てんするというキャンペーンをおこなっている会社もあります。
そうしたところに新たに光回線を申し込むなら、解約時期を気にせずに乗り換えが可能です。
補てんを受けるには、違約金や残債の明細が必要です。
キャンペーンの内容や時期には常に注意を払い、リアルタイムの情報をつかんで利用することが望まれます。
補てん金額に上限がある場合もあります。
光回線でインターネットを使う必要がなくなった場合は別ですが、使い続ける場合は、新たな光回線が使えるようになってから解約したほうが無難です。